バラの無農薬栽培方法とバラの写真、そして二匹の小豚たちの物語♪

menu

バラの無農薬栽培と二匹の小豚たち♪

昨日は、防除の予定でしたが

チビラたちを病院へ
連れて行ったので、

今朝実施です…。

 

今朝の防除メニューは

定番秘密精油に、

以前から時々使用していた

アグリチンキ36と、ジックニーム

でした。
 

最近、アシブトクチバ君や
キントキ君が元気に活動して
いるので(-“-;)その駆除も兼ねて
物置にしまい込んでたジックニームと

アグリチンキ36を引っ張り出して来て

混ぜて撒布してみました。

 

 

全部、天然成分100%なので、
混ぜても全く問題なし!

OKです♪^^

 

アグリチンキ36は単体で使用した事が
ないので、効果はよく分からないけど
特徴をあげてみますね。

 

 

■特徴
35種類の植物抽出エキスのフィトンチッドと
カニ殻キチンキトサンから出来た、人畜無害の
植物活性化エキス。

資料には、土壌微生物の善玉菌を増やすため、
健康的な土壌になり、植物の根張りが良くなる・・と
あるので、木を丈夫にする力があるようですね。

 

 

■成分
桧、松、杉、熊笹、アロエ、ヒバ、モミ、トウヒ、黒松、エゾ松、
赤松、楠、白樺、柿、茶、ミカン、ヨモギ、イラクサ等、35種類の
植物から抽出した植物エキスのフィトンチッドに、カニ殻キチンキトサンを
加えた、天然有機成分100%の植物活性化エキス。

 

 

 

■効果
植物体内の酸素を活性化、病原菌の活動を抑制し対病虫害性
が向上…ということは、木が健康になるので、病原菌や害虫を
寄せ付けなくなる!ということでしょうか。

そして、根張りを良くし作物の成育が促進されるとありますので
やはり木の健康に役立ちそうですね。

ウドンコ病、アブラムシ、貝殻虫、ハダニ、チュウレンジ蜂、毛虫
、コガネムシ、夜盗虫対策に効果的とあります!

散布すると葉皮に膜をつくり、抗菌効果を高めるようです。

 

害虫の食害予防にもいいようですよ。

 

 

葉面撒布と土壌への撒布、両方やるといいですね。
(希釈の割合が違うので注意!)

 

 

こんなに素晴らしい効果があるなら、使わない手はないですね。

管理人はいつも混ぜて使用してたので、効果はよく
分かりませんでした。

単体で使う勇気がなかったので・・・(^^ゞ

 

 

でも、相乗効果が出てるかも知れないので、引き続き混ぜて使用
して様子をみたいと思います。

 

 

◆アグリチンキ36はこちら。
これは、200mlですが、管理人は1Lを使ってます。

 

 

 

★今日の日の出~ヾ(^v^)k

秋は空気が澄んでるので、日の出が本当にきれいです。

今朝の気温は18度でしたけど、空気がヒンヤリして
気持ちがよかったです。

このヒンヤリ感…今秋初ですヾ(^v^)k

秋の深まりは、本当に嬉しいけど食欲が・・・(≧▽≦)ゞ

 

 

 

 

 

 

★もう一つおまけ、我が家の小豚たち(^▽^;)

チビラたちも、朝のお散歩が気持ちいいらしくて
ご機嫌です(^^ゞ

 

 

いつまでも遊びたい!と、姉ワンの帰宅拒否症が
始まりました(>ω<)

 

 

 

 

 

帰りの時間がどんどん遅くなってるので、家事、その他に
追われ毎日バタバタ…毎年のパターンだけど…(>ω<)

 

 

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

液肥を作ってみましょう♪

応援お願いします^^

Twitter

アーカイブ